ABOUT

Power Idea Campについて

ワークショップ成功のカギは、
ファシリテーターと参加者の「質」にあります。

「参加・共創」「オープン・イノベーション」がキーワードとなる時代にもかかわらず、従来、広告会社が行うワークショップはクライアント様の関係者と広告会社の担当営業・スタッフだけという閉じられたメンバーで行われるスタイルが多かったようです。しかし、ワークショップ成功の是非は参加者によって決まるところが「大」と言われています。ADKはこの点に着目し、ワークショップの新しい運営スタイルを開発しました。

POINT01 FACILITATOR

ファシリテーター

クライアント様の課題、ニーズ、テーマ、ゴール設定に応じて、ADKの資産であるプロフェッショナルなプランナーや、社外の有識者・生活者を、ワークショップの参加者としてアサイン。豊富な業界知見を持ち、ワークショップ運営にも精通したADKのスペシャリスト達が集結することで、より質の高いワークショップを目指します。

  • クライアント様
  • ADK
    ファシリテーター
  • 外部専門家
  • 生活者

さらに、ADKのファシリテーターは
各分野のプロフェッショナルたちで構成。

  • 金融
  • 教育
  • 若者
  • 旅行
  • レジャー
  • 飲料
  • AND MORE

ADKのファシリテーターは、金融や旅行…といった「業態」、そして若者、キッズ…といった「ターゲット」、さらにはデジタル、ソーシャルメディア…といった「メディア」など、さまざまな切り口での専門スキルを持ち、ファシリテーション・スキルに長けたプランナーたち。このユニークな編成によって、より幅広い視点で深い内容のワークショップを実現していきます。

詳しく見る

POINT02 SCHEME&TOOL

スキーム & ツール

ADK独自のワークショップ・スキームと、「ブランド&コミュニケーション」という視点に基づくツールを開発。クライアント様のニーズや課題に応じ、成果にとことんこだわるワークショップ運営を行います。

SCHEME

スキーム

確かな成果へ結びつけるため、最適なプログラムを設計。「具体的な実行プラン」を見据えた、戦略的ワークショップを行います。

SCHEME1

プログラムの「型」設計

テーマやゴール、参加者の設定にあわせて、プログラムの「型」をデザイン。

  • 起承転結型
  • 発散収束型
  • 体験学習型
  • 問題解決型 etc

SCHEME2

モジュールの設定

プログラムの「型」に合わせて、さまざまな「モジュール」を組み合わせ、プログラムを構築。

  • ショー&テル
  • ワールドカフェ
  • ロールプレイ
  • ジョハリの窓 etc

TOOL

ツール

ADKでは、ブランド&コミュニケーションという視点から具体プランにつなげるためのオリジナルツールを開発。

ブランド像を人格化する「パーソナリティカード」や、ターゲット像を視覚化する「ターゲットカード」、ブランドとターゲットの関係性を明確化するための「レレバンシーカード」など、テーマに合わせ、アイデアを発散し収束させるためのADKオリジナルツールを使用します。

SOLUTIONS

ワークショップのテーマ

ビジョンづくりから商品開発まで。高い専門スキルを持った
ファシリテーターと幅広いテーマでワークショップが可能。

  • ビジョン策定
  • コミュニケーション開発
  • 新事業開発
  • 商品企画・開発
  • 未来シナリオ予測
  • モチベーションアップ
  • チームビルディング
  • AND MORE

WORKSHOP SPACE

ワークショップ・スペースについて

ワークショップは「場」もポイント。
クリエイティビティを引き出せるスペースで開催します。

従来の枠に捕らわれず、柔軟な発想を刺激し共有しあううえでは、「どんな場で行うか?」という空間への気配りもワークショップにおいては大切なポイントです。ADKのクリエイティブな空間や虎ノ門ヒルズのスペースを活用することで、普段の場では出にくい発想を引き出す準備をいたします。

MOVIE

サマリー・ムービー

CONTACT

まずは、お気軽にご相談ください。

Power Idea Campで取り扱うワークショップのテーマや、その内容、
要する日数・費用について等々。ご不明な点は詳しくご案内をいたします。

お問い合わせする